第39話「ボラを制するものが相場を制す!!コレログラムで分析だ!」

ボラの研究にお熱なタクマ支部長


※第16話はこちら
もしボラが予測可能なら、それはもうお宝でしょう!!


思い出せ!坂本の高低差指数


コレログラムで分析だ!


ボラが高いほど高収益!


オオウチ大儲けで吠える
 

マンガの最新情報はメルマガ/Twitterで配信しています。
  



第39話の感想ぽちっとおねがいします!

Loading ... Loading …


  1. 匿名 says:

    この場合の相関指数は坂本指数(仮)なんですね。
    万人にあてはまるものになるかなあ。以降の展開を楽しみにしてます。

  2. 山田 says:

    要するにこれを使って「明日もボラが高いのか」を予想して
    高い→投入金額多くする
    低い→投入金額少なくする
    みたいにするって感じでしょうか?

  3. ほし says:

    面白かったです。でも前回に出たタクマ先生の収支のヨコヨコっぷりにビックリしました。

  4. たけ says:

    今日は知識としてためになる話でした。

    ストーリーとしての面白さはもうひと超えですね。
    たまには、支部の小屋を抜け出た話とかはどうですか?
    いつも小屋の中の話なので、ストーリーが狭い気がするな。

    例えば、世界一周旅行しながら各地の珍道中を織り交ぜつつ、シストレはネット接続でやるとか。
    または、スターウォーズのような近未来のSFの世界観で、シストレやるとか。

    • たけ says:

      タクマ先生の収支ヨコヨコは確かに「えーまじで?」って思う話題性があるのでw、その変遷を書くというのも面白いかもしれないですね。
      そこから、教訓を引き出して、初心者にもためになる話とか。

      その話を、海賊王を目指しながら船の上でやるとかね。
      そうなると、設定がめちゃくちゃですが、まあそのくらい飛んでてよいと思います。笑

      • 山田 says:

        >たけさん
        その変遷を描いたのがまさに「パチンコ・トレーダー」ではないかと……w
        4巻め以降はまさに勝ったり負けたりですし。

        個人的には「MONEYzine」でやってた「システムトレード原論」の続きみたいのが読みたいですね。

  5. 佐藤 says:

    イザナミ的には高低差指数は「終値と終値+ATRの乖離率」が似たような概念でしょうか。ボラの判断材料としては非常に有効だと思います。

  6. 匿名 says:

    今更 ぼらって?本気か?10年も株やってそこか? 
    そりゃ ね w 

  7. ぼら好き says:

    黒チャンがETF買いを止めてくれれば、高ボラになるのに。お願い止めて。

コメントの投稿

メールアドレスが公開されることはありません。



よろしければ応援の ツイート/いいね お願いします!