inttitle

時は2014年4月12日、場所は浅草ビューホテルラウンジにて、全シ連メンバーとテスタさんが対面!
これはその取材内容一部始終を書き起こしたものです。
asakusa

nenkan5oku

オオウチ
オオウチ
ちょっと録音だけさせて頂いて。
テスタ
テスタ
んーっと、やっぱりずーっと株で生活するのが目標みたいな感じでやってきて、それまでパチプロやったんですけど、そっからまあ去年、えーっとたまたまですけど、たくさん勝てて。
オオウチ
オオウチ
去年凄まじかったですね。
アベノミクスに湧いた2013年、テスタさんはなんと1年で
プラス5億518万円という驚異的な成績を叩き出しました!!
テスタ
テスタ
そうなんですよ。 だからもうなんか、やっぱ多分どっかで「もう良いっかな」みたいなのがあっちゃうんですよね。 それでなんか変なトレードばっかりして、負けてるだけなんで。 危機感が無いんで当たり前か。
オオウチ
オオウチ
いつか来るなと思ってたやつですかね。
しかしこのインタビュー直前の2014年4月10日にドローダウン約1億の過去最大損失が発生!テスタさんに試練が訪れていたのです!
テスタ
テスタ
まあなんですかね、それはしたらアカンと分かってたんですけど、やっちゃったんで。 まぁ~そこでちょっと反省して、ちゃんとやらなアカンなと。
オオウチ
オオウチ
なるほど、ちゃんとね。 はい。
テスタ
テスタ
はい。
タクマ
タクマ
「もうえーか」という心境が良く分からないですね。
テスタ
テスタ
そうですね。 まあね、結局例えば、今5億なんですけど、10億円にしても生活は変わんないなと。
オオウチ
オオウチ
1億から5億になってもそんな生活は変わらないですよね。
テスタ
テスタ
そうですよね。 でも1億とかだったらなんかまぁ使い切るじゃないですか、 何もせえへんかっても、死ぬまでには。
オオウチ
オオウチ
まぁはい、はい。
テスタ
テスタ
5億とかなってくると、普通に生活していても先に死ぬんちゃうかとなって。
オオウチ
オオウチ
そうですね、単純に。
テスタ
テスタ
で、そうなったら、そっから10億目指す意味があんまり分かんない。
オオウチ
オオウチ
どっちにしろ何も不自由ないわけですもんね。
テスタ
テスタ
でもやっぱり、僕の周りのトレーダーは、みんな10億円目指してたり、それ以上目指してたりするんですけど、そのモチベーションはどこから来るんやろって。
オオウチ
オオウチ
私もそう思うんですよ。 結構私もこんな株の仕事してると段々いろんな人にお会いしますが、まぁ100万、200万しかないって方もいらっしゃれば、やっぱりもう億ですけどって方もいらっしゃって。億まで行っちゃったらなんか一つのゴールだとずっと昔は思ってたんです。

でも話をこう色々聞いていると、どうも億はスタートらしいと思い直しました。億はどうもスタートらしいんですね。 そこからじゃあどうして行こうかなっていう世界の境目に億がある。

テスタ
テスタ
だから、まあ人それぞれなんですけど、たぶん「僕の器では10億とか目指す器じゃなくて」っていうのに甘えが出て、それで適当になっちゃったんです。今現状負けるから、だから本当はもうまったくやらへんか、真剣にやるかの二つしかやったらアカンと思うんですよね。
オオウチ
オオウチ
その中途半端でやるっていう…。
テスタ
テスタ
中途半端でやると負けるんで。 でもやらないと言ったら負けはしないじゃないですか。
オオウチ
オオウチ
まぁ負けないですね。 ただまぁ人生、生きてるだけ減ってくって事ですよね。
テスタ
テスタ
だからもうまったくやらないか、完璧にやるかのどっちかにせなアカンと思うんですけど。 まぁそれがなかなか難しいんですけどもね。
オオウチ
オオウチ
モチベーションって結構大事だなってっていう風に思ってて…んーなんて言うのかな。
タクマ
タクマ
前だったら、利子だけで食えましたからね。
テスタ
テスタ
そうですよね。 だからホントねそういうなんか、配当とか、なんかの利息とかで安全に毎月入ってくるのを探そうとか思う時点で、多分もう守りに入ってるんですよね。
オオウチ
オオウチ
完全にもう守りですね。
テスタ
テスタ
たぶんもう増えないですよね。 だからもう僕はもうこれ以上は増えないなあと思っちゃっているんです。
オオウチ
オオウチ
はいはい確かに。 結構こう大きくガーンと資産ができた人は、急に不動産をやり始めるというのが、よくあるパターンですね。 極端な話、ビル建てちゃうとかもあるんですよね。 なんかそれって果たして楽なのかな?っていうのがすごく疑問に思っているんです。
テスタ
テスタ
んーん、どうなんですかね。 結局不動産に関しては素人やから、どうなんか分かんないですけど。
オオウチ
オオウチ
とりあえず確かに資産の何十パーセントかぐらいでお試しでやってくってのはありっちゃありなんだと思うんですけど。
テスタ
テスタ
株価と不動産価格というのはどうしてもリンクしますから、そういう点では今は買い時みたいなんを見抜くのはちょっと有利かもしれないですね。
オオウチ
オオウチ
そうですね。 ただまぁやっぱりそうやって、頑張って頑張ってっていうのがあるんですけど…まあ株とかは好きで頑張って、好きならば頑張ってやろうとは思うんですけど。

お金が出来てじゃあちょっと安定収入のため不動産というと、それ別に「好きが高じて不動産」じゃないよなって思うんです。そうするとなんか、わざわざお金を持った事でいろいろ苦労を増やして、なんか段々目的が変わってきてるような気がしてるんですよね。

テスタ
テスタ
どうなんですかね。 でもね、株が好きプラス多分みんなお金を稼ぐことが好きというか、お金が好きやと思うんですよね。だから頑張れるし、僕みたいにその「もう良いか」と思ったら、株は好きですけど頑張れへんくなっちゃたりするから。 だからそういう人は、不動産の安定収入ってやつも、しっかり勉強してやる人はイケるんじゃないですかね。

pachipro

オオウチ
オオウチ
なるほど、そうですね。 ところでいきなり話し始めちゃったから、あれなんですけどプレゼントがあるんです。
テスタ
テスタ
えっ、マジっすか。
オオウチ
オオウチ
「全シ連ブルゾン」。フフフフ…サイン入り(笑)
テスタ
テスタ
あっすげえ! いつの間にか書いてくれてはったんやみんな。
オオウチ
オオウチ
先ほど来てすぐ。
テスタ
テスタ
ありがとうございます。 これ何すか?
オオウチ
オオウチ
これこの間のパンローリングのイベントの時に、私がブースで着てたやつ。
テスタ
テスタ
あっ着れるやつじゃないですか。
オオウチ
オオウチ
着れるやつです。 一応サイン入りになってます。
テスタ
テスタ
やったー! ありがとうございます。
オオウチ
オオウチ
袋はいりますか?袋ありますけど。 ぜひ飾ってください。
テスタ
テスタ
私はバタバタして何にも持って来れなかったのに。
オオウチ
オオウチ
いえいえ。
テスタ
テスタ
タクマ先生は飛行機でいらっしゃったんですか?
タクマ
タクマ
いえいえ、昨日新幹線で。2時間ほどで来ました。
オオウチ
オオウチ
意外と仙台って近いんですよ。
テスタ
テスタ
大阪からより近いですね。
タクマ
タクマ
そうですね。
オオウチ
オオウチ
のんびりした新幹線と、早い新幹線があって、早い新幹線だともう1時間半くらいでついちゃうんです。ところで先生は、色々と今年なんかお忙しいですよね。
タクマ
タクマ
幸いなことにね。
オオウチ
オオウチ
それでその中でなんか原作をやるっていうお仕事があって。 「カリスマデイトレーダー」的な話が出てくるんですよね。
タクマ
タクマ
だから今日はその感じを掴みたいんですよね。
オオウチ
オオウチ
ちょっと今回その話もあって、漫画のネタとしてぜひ色々とテスタさんにお聞きしたいなという思いがあるんです。
タクマ
タクマ
例えば、パチンコをやられてたみたいですが、何年前までぐらいですか?
テスタ
テスタ
えーっと僕は、2005年9月から株が専業だったと思うんで、2005年9月くらいまではやってましたね。 まあでも正直≪ピー≫歳からなんで。
オオウチ
オオウチ
えっ、≪ピー≫から!?
テスタ
テスタ
2004年までで≪ピー≫年間くらいはパチンコで生活していたかな?
オオウチ
オオウチ
おーっ(驚)
タクマ
タクマ
その時点で、かなりメンタル強いなって感じがありますね。 相当辛抱しないとパチンコで生活できないですよね。
テスタ
テスタ
楽勝でしたよ。
タクマ
タクマ
はっ?
テスタ
テスタ
楽勝っていうんですかね? でも毎日努力はしていた気はしますよ。 キッチリはずっとやってましたよ。
タクマ
タクマ
朝から並んでましたか?
テスタ
テスタ
ハイあのまあ、店とか時期にもよりますけど、やっぱパチンコもスロットも時期によって別のやってたんで。

後半はスロットの方が多かったんですけど、前半はまだ言ったら「ニューパルサー」だけで何列もあるみたいな時からですから、「スーパープラネット」とか。

あの…そん時はパチンコの方が島も大きかったし、主流でしたからパチンコ打つことの方が多かったですけど、そうですね後半はスロットが多くて、はい、それでまあ最後の2~3年は年収1,000万ぐらいだったんですね。

オオウチ
オオウチ
パチプロで?
テスタ
テスタ
パチスロで。
タクマ
タクマ
パチンコで?すごいな。 私の知ってる出版系のライターでもそんなに稼いでいる人いないです。いやいやいや…。
テスタ
テスタ
それでも、それ以上はちょっときつくて。 やっぱり、去年より多く、去年より多く、みたいなのを求めてやってて。

最後の2年ぐらいはその月100平均の1,200みたいなんを目標にやったんですけど、でもいけなくて1,000ちょいぐらいで結局終わっちゃって。 そん時にスロットが5号機に変わるっていう時やったんですね。

タクマ
タクマ
あー。
テスタ
テスタ
で、その5号機の内機の内容を見て、その時にもうこれ無理やなと思って。 それで違う事しようと思って株に行ったんですね。
タクマ
タクマ
そういう事なんだ。多分そういう人結構いますよね。
テスタ
テスタ
そうですね。パチンコからの人ってやっぱ多いですね。
タクマ
タクマ
5号機の節目で転職って結構いますよね。
テスタ
テスタ
そうですね。だから僕と同い年のトレーダーは、めっちゃ多いです。
オオウチ
オオウチ
ちなみに「5号機」って何ですか?
タクマ
タクマ
いや僕もパチプロじゃないから良く分かんないけど、4号機ってのはめっちゃブームになったんですよね。
テスタ
テスタ
そうそう。
オオウチ
オオウチ
ふーん。
タクマ
タクマ
すごく出玉が良くてっていうかね。
テスタ
テスタ
あの4号機で、その「射幸性」っていうんですか、あまりに出過ぎて規制がかかったんです。
オオウチ
オオウチ
あまりに出過ぎちゃったんですね。
テスタ
テスタ
パチンコもそうなんですけど、盛り上がったら規制が入って、次にやっぱりスロットが盛り上がってみたいに繰り返しやったんです。

で、その時はスロットで規制が入って、5号機になるってなって。 すごい規制で、最初はもうガチガチなんで全く出ないというか、普通僕らが打つのって高設定で出やすい台を打つわけですから。

逆に言ったら「低設定」っていうのは、すごい出ない方なんですが、幅上げれるんですよ店としては。

オオウチ
オオウチ
ハイハイ。
テスタ
テスタ
でもその幅自体を縮めちゃったんです。 中の設定で。逆に「1」でもそんなに負けないけど、「6」でもそんなに出ないみたいな。
オオウチ
オオウチ
あー。
テスタ
テスタ
僕らとしてはどうせこっち(設定6)を打つわけですから。
オオウチ
オオウチ
まあ、そうですよね。
テスタ
テスタ
単純に店の利益が一緒だとしても、僕らの儲けは減っちゃうという状態になっちゃうというのが、台が出る前にもうそのこういう規制になるというのが発表された時に見えたんで。
オオウチ
オオウチ
あーもうこれはアカンと。
テスタ
テスタ
もうその時点で「やめよう」と思って。 このままパチンコずっとやってるというのもどうなんだと、ちょうどそういう時期やったんですよね。 株もまあ「どうなの?」って言ったら、一緒なんですけどね。

arugosystre

オオウチ
オオウチ
まあ、色々と株の世界もルールが変わってきたりしてますけどね。
タクマ
タクマ
株ででかい(変化な)のは「アローヘッド」っていうのがあったんですけど、どうでしたか?
テスタ
テスタ
「アローヘッド」が…?
タクマ
タクマ
すごいへんな注文が一杯入るようになったでしょ。
テスタ
テスタ
んー、そうですね。 でも「アローヘッド」は東証のシステムなのでへんな注文とか言うのはアルゴですよね。まず「アローヘッド」はそのスピードが上がったじゃないですか。 あれは、それはそれでもう全然今までとスピードが違かったんで、まあ戸惑いはありましたけど。 ただ僕「スキャルピング」って言って、すごい早い、短い時間の取り引きが多いですから、だからまあ前より勝負が早くなったっていう事かな。だからそういうプラス面もあって、ただ成り行きでやったらすごい突き抜けちゃうとか。 そういうのが出てくるから、そこを注意しながら。

まぁアルゴも一緒なんですけど、やっぱアルゴが入ってる銘柄っていうのは…例えば出来高が多くなったり、「こういう注文出したらアルゴがついてくる」とか、アルゴの特性を逆に味方に付けるような研究をしてそういう風にするかな。

オオウチ
オオウチ
逆にそれを味方にするっていう発想でやってたんですね。
テスタ
テスタ
そうです。
タクマ
タクマ
だからアルゴも結構やられてますよね。 アルゴはアルゴにね。
テスタ
テスタ
多分薄い銘柄とかで、指値するとその一瞬、一瞬でもう上に指値して来たり、小っちゃい指値、幅空いてたら、スプレッドが空いてたら指値して来たりするとか、色々あるんですけど。結局は所詮機械なんで、もう言うたらプログラム通りにしか動かないじゃないですか。だからもう後は、プログラムを逆手にとって味方につけるようにとか、まあそんな風に。

パチンコもスロットもそうなんですけど規制が入ったら、逆にその最初って甘いじゃないですけど、なんか隙があったりするんですよね。 脆い所があって、そんで今までずーっとそれまで培ってきたプロの人も、そこで一旦リセットされちゃったりして…。

オオウチ
オオウチ
されますよね。
テスタ
テスタ
そっからまた研究して、早いもん勝ちでなんか新しく良いのが見つかったりとかいうのが多分あるんで…。
オオウチ
オオウチ
確かに。
タクマ
タクマ
システムトレードやる時って、まずはデータを集めると思うんですよね。 いきなり見て感覚的に仕掛を考えたりというのは、ちょっと出来づらいですよね。
テスタ
テスタ
そうですよね。
タクマ
タクマ
だからやっぱ2~3年データが集まらないと何とも結論できない。 いきなり飛び込むってことはできないですよね。
オオウチ
オオウチ
はははは。 まずは検証。 「検証したい」って、こうシステムトレーダーはまず検証できないとガクブルで。
タクマ
タクマ
検証してないアイディアを実際、金突っ込んで出来ないですよね。
テスタ
テスタ
システムトレーダーの方と僕みたいな裁量トレーダーの人って、なんか対極に見られがちですけど、結局僕らがやってることも、僕の経験の中でそれをシステムチックにやってるんですね。それをただ自分で注文して、その微妙な違いというのを裁量でやりますけど。

例えば逆張り入る時もシステムやったら、何%下がったら自動的に入れるっていうのも、僕らはそこを感覚でこの銘柄やから「もうちょっと下」とかそういう調整はしますけど、それはそれでその銘柄に対するシステムなんでね。

だからまぁ一緒じゃないですけど、僕らはそれを感覚で微調整しながら、システム的にやってるというのはそうだと思うんです。

オオウチ
オオウチ
微調整の感覚っていうのはこう何か、その銘柄だからっていうのはなんとなくなんですか?
テスタ
テスタ
例えば、同じパーセンテージでも、東証一部と新興やったら、更に落ちる確率って絶対変わってきますよね。
タクマ
タクマ
そうですね。
テスタ
テスタ
その辺はもう、その人気がある銘柄やったら、やっぱりリバウンドが入りやすいですし、逆にその日足の位置にもよりますよね。

例えば仕手株とか…いややっぱり何でも良いんですけど、1日目の急騰の時と、それがもう3日ぐらい続いたむっちゃ高い位置とでは、やっぱり最初にキュッと下落しても、この下落1日目とここの同じ下落3日目とでは、こっちの方が下降する可能性が高かったり。その辺は多分凄い細かくなっちゃうんで、その辺が裁量のメリットっちゃメリットなんですけど。 でも一番のデメリットは、やっぱり感情が入る事なんですかね。

オオウチ
オオウチ
そうなんです。 感情が入ると、まぁ人間どうしても損する方向に感情っていうか、ネガティブな判断が入ってしまうっていうのがあって。 それをどう抑えるのか、それを客観的にやるのかっていうのが…。
テスタ
テスタ
システムの一番の利点はそこで、余計な感情が入らずに、正しいロジックを遂行できるっていうところですかね。その代わりその瞬時の微調整は多分難しくて、やっぱりデータを集めて、大まかなじゃないですけど、あんまり細かくフィルター入れてしまうと、結局何にも入れない状態より悪くなったりとか、多分システムはあると思うんで。 そういう細かいのを何でもかんでも対応しにくいっていうのは、多分デメリットですかね。
オオウチ
オオウチ
はい。 私も自分のシステムで、何でこんな銘柄シグナル出るんだろうっていう時あって。 「怖い怖い」と思いながら行くんですけど、その後キューンと上がったりすると、「俺のシステム格好良いな!」とか思ったりするんですけどね。
テスタ
テスタ
そうですよね。 そこがシステムの人は、本当に自分の考えとシグナルが違っても、確実にそれを遂行させるスイッチを押すのもメンタルも要りますよね。
オオウチ
オオウチ
物凄い要ります。 大抵ろくなニュース出てこないですよ。 逆張り戦略で出てきた奴とか。
テスタ
テスタ
でもそれもちゃんとやらないとシステムの意味も無なくなるし。
オオウチ
オオウチ
そうなんですよ。 むしろそれが一番美味しいところなんです。
テスタ
テスタ
そうなんですよね。
オオウチ
オオウチ
そういうこととか先生はありますか?
タクマ
タクマ
僕は…そういう逆張りとかやばいのはやっていないです。
オオウチ
オオウチ
逆張りはあんまり使わない。
タクマ
タクマ
逆張りはですね。 前使っていたやつも止めちゃいましたし。 ちょっとデイトレ系の逆張りはあるんですけれども。
テスタ
テスタ
でも漫画にするって、たぶん裁量の方がしやすくて。システムとかしにくいのかなと…。 感情のそういう起伏を描いた方が書きやすい。 それに比べてシステムってそこを排除して淡々とやるやつなんで、たぶんそれを面白おかしく漫画にするってすごい難しいんですよね。
オオウチ
オオウチ
難しいかも。
タクマ
タクマ
どちらかっていうと、トレード中のことよりもそれ以外のところがいろいろね…。 大変な労力をかけて検証して…。 実際これ行けると思ってかけたシステムが実トレードじゃ全く儲からない。 そうこうこともありますから。 どこまで行ってもメンタルから逃れられないですよ。

要はシステムだとザラ場中のメンタルは多少落ち着いているんですけれども、オオウチさんみたいにちょっとドローダウンがかさんでくるとどうしたらいいんだみたいになってきますし。 絶対逃れられないところですよね。

テスタ
テスタ
やはり、漫画を書きながらですもんね。 その作業をするのは。
タクマ
タクマ
裁量でやっていたら漫画を描く暇がないというか。 他の仕事ちょっとできないから。
テスタ
テスタ
漫画って週何日位書かれるんですか?
タクマ
タクマ
いや、僕もあまり書かないんですけれどもね(笑) ただまぁ~僕もパチンコ打ってて、そこで週刊連載が入ってしまって、全く打ちに行く時間がなくなる。 そしたら、パチンコ漫画続けてたんですけれども、それがある日株をやり始めて、そしたら株の漫画に切り替えろってことになって、今に至るんですけれども。
テスタ
テスタ
もう長いですよね。
タクマ
タクマ
10年以上…。
テスタ
テスタ
そうですよね…。 僕、たぶん1話も見逃してないですよ。
オオウチ
オオウチ
1話たりとも見逃してない。
タクマ
タクマ
単行本で読んでくれた方で、国会図書館に行って今日読んだっていう人がいました。 凄いなって思いますよね。 その方はシステムやられている方で。 そこまできっちり調べるからシステムトレーダーなんだと。
テスタ
テスタ
単行本はシステムの中身も全部描いてましたよね。
タクマ
タクマ
全部じゃないですよ。 多少パラメーターはごまかしを…(笑)
オオウチ
オオウチ
はははは。
テスタ
テスタ
わぁ~描かれてはるわって。 肝の部分ですからね。
オオウチ
オオウチ
戦略が…あの肝が出たからっていって、それを真似してトレードして勝てるかっつたら全然違う話なんですよね。
タクマ
タクマ
実際そんなに影響なかったですよ…意外に(笑)
オオウチ
オオウチ
私も今そういうシステムトレードのソフトを売っていたりするわけですけれども。 それで、うちのイザナミってソフトで動く戦略を販売しているって業者さんがいらっしゃると。 そうすると戦略がこんな儲かるよとか、バックテストでこんな成績良いよ~とか。 人気のいいやつはバンバン売れるわけですよ。

そうすると最初の頃はちょっと不安だったんですよね。 あれ?同じ戦略使う人がこんなわさわさ増えたら、この戦略速攻で使えなくなっちゃうんじゃないの?っていうのがずっと気になっていたんですけれども。 それが全然関係ないっていうのが分かってきて、むしろ相場が合っていれば、何人、何十人、下手すれば一番売れたものだと200とか300とか売れるんですよ、同じ戦略が。 それでも別にその戦略は勝ち続けていったりしていくので。

タクマ
タクマ
板が無くなったりしないんですか?
オオウチ
オオウチ
無くならないです。
タクマ
タクマ
200、300位の人数だと、たぶん資金量も人によって違うんで、銘柄かぶりもそんな増えないですけど。 1000とかなって来ると危ないですけど。 まだ、200、300まだ何とかなる…って気がしますけど、1000とか売れた戦略が出てくると、それは見てみたいですね。
オオウチ
オオウチ
だから、まぁ確かに違う戦略だとしても、結局ブレイクしたところを狙うみたいな戦略がいくつかあると、それを全部合わせると結構な数になって同じ銘柄にシグナルが出るってことが結構あるんです。

そうすると結構な影響はあるはずなんですけど、あんまり勝てなかったとかいうこともないし、意外とその戦略、運用のロジック自体が広がっていたとしても、あまり影響はないですね。

むしろそれを運用する方…、結局なぜそうなるかっていうと、やっぱりその通りそのまま運用できる人って少ない。 ちょっとでも負けてくるとやめる人も増えてくるし。

テスタ
テスタ
自分の感情でやっちゃったりするんですね。
オオウチ
オオウチ
まず、最初に初心者の方、夢を見て運用を始めます。 そうすると大体負けから入る。

特にスイングとかだとどうしたって相場の動きから逃れられないので、下げ相場から始めちゃったらもう下がるんですよね。そうすると、ちょっと負けたところですぐ止めちゃったりとか、こんなニュースちょうど…「決算で下方修正!」みたいなニュースが出た銘柄をあえて自分で外してしまったりとかすると、そこを拾うのがおいしいのにって。 そのコンセプトが分かってない。 ルールが分かってない。

タクマ
タクマ
四季報見て儲かっている会社を買うのとそんな変わらない行動を取ってる。
オオウチ
オオウチ
そんな行動になっちゃう。
タクマ
タクマ
やっぱり自分で検証する方がベターかな。
テスタ
テスタ
まずそのシステムを使うのに大事なことは何かってところから入らないと。
タクマ
タクマ
株の基本の基本が分かってない。
オオウチ
オオウチ
たぶんテスタさんの脳を頂いて、テスタさんテクニックを身に付けたとして、実際には指が動かないはずなんですね。
テスタ
テスタ
まぁそうですね。
オオウチ
オオウチ
意味が分からず、やり方が分かってるだけで。
テスタ
テスタ
メンタルであったり…株の本っていっぱい出ててその通りにやったら、たぶん勝てるんです。 その通りにできないから勝てないです。
タクマ
タクマ
その通り。 みんな出来るんだったら、本なんてみんな出さないですよね。
テスタ
テスタ
だから、本当チャートを詳しく書いている本とか、その良いチャートで全部買って、悪いチャートで全部売ったら、たぶんトータルはプラスになるんですよ。 そこで感情が入るからたぶん無理なんでしょうね。
オオウチ
オオウチ
その良いチャートって、まず出てこないってことよくありますよね。 そのチャートのパターンを検証してみたりとか、結構イザナミってこういう動きをしたらっていう絵を描くとそのパターンを見つけてきて、仕掛けるっていうのが出来るんです。
テスタ
テスタ
そうそう。 いっぱいババババッて出てきて…。
オオウチ
オオウチ
出てくるんです。 で、よくじゃーダブルボトムとか絵を描いてみてどれだけ見つかるかなっていうと、まぁ意外と探してみるとなかなか出てこない。 本当に酒田罫線とかのいろいろなパターンをやって、検証したり、コツコツやってみても、まぁトータル…基本的に勝てるシーンは決まっているから、なかなか勝てないですよね。
タクマ
タクマ
確かにね。 昔の相場本とかを検証すると意外と儲からない。
オオウチ
オオウチ
海外の本読むと海外の相場用だったりするので…。
テスタ
テスタ
前に投資戦略フェアのブースに行かしてもらった時は知らなかったんですけれども、僕の知り合いがイザナミを買ってました。
オオウチ
オオウチ
えっ!はははは。 ありがとうございます。
タクマ
タクマ
意外なところで売れちゃってた。
テスタ
テスタ
はははは。
オオウチ
オオウチ
これ、言っていいのかな。 はははは。 イザナミユーザーだったんだ。 いやぁ確かに、実は言っていないけどって、この商売をしている方でも実はイザナミユーザーっていう人が結構いるんですよ。
タクマ
タクマ
言えないけれど…。
オオウチ
オオウチ
言えないけれど…(笑) あとなんかパンローリングさんの会社に行った時も、××さんって方がいらっしゃるんですけれども、あの人もイザナミ使っています。
タクマ
タクマ
聞いたことあるね。 有名な方ですよね。
オオウチ
オオウチ
なんか、株とかFXとかやっていて何故か議員さんになってしまったという謎の人です。他にも○○○○さんっていう人がいるんですけれども。 その方にはいろんなものに手を出していくバイタリティ溢れている人です。 IPOもやるは公募増資とかもやるは…。

この前会ったときに、何でそんなに頑張れるんですかって聞いたら、他にみんな頑張っているのをみて、俺も頑張ろうって思ってるって。 後は、夜の銀座のお店に使い過ぎているって言ってました。

そのお知り合いの方は今、勝ってくれてんのかな~。

タクマ
タクマ
負けてる?
テスタ
テスタ
負けてる。
オオウチ
オオウチ
負けてる…まぁ(笑)
テスタ
テスタ
今年始めたんです。
オオウチ
オオウチ
今年始めたとこなんですか! 今年はちょっと…。
テスタ
テスタ
FXトレーダーやったんです。
オオウチ
オオウチ
もともとFX…そうなんですね。
テスタ
テスタ
そうなんです、だから…。
タクマ
タクマ
FXと株は違いますよね。
テスタ
テスタ
いや、やっぱり違いますね。 特に僕は板を読んでやるタイプなんで、FXは板が無いんで、それだけで断然違うというか。
タクマ
タクマ
FXは内部的に何をやっているかよく分からない。
オオウチ
オオウチ
実際に中で何をしているか分からないけど、約定とかなってくると、やっぱりささっとどういうところとってくるとなると。
テスタ
テスタ
でも、僕の知り合いでも、ずーっと勝ち続けているFXトレーダーはいますから。 ちゃんと勝っている人はどの世界でも存在していて。 そういう人が居ないと、誰もやらないだろうし。
オオウチ
オオウチ
確かに株で長く続いている人は聞くんですけれども、FXで続いているっていう人を全然私は知らなくて…。
テスタ
テスタ
FXはそもそも流行ったんが、株より全然遅くて今から4~5年前ですかね。
オオウチ
オオウチ
そうですね。 株がもうアカンって時に代わりに出てきたっていう。
テスタ
テスタ
そうですね。 だから、株より経験が少ない人が多くて、そん時にバッて儲かった人って大半は消えますから。その時ポッと出てきてバッと盛り上がって有名になった人もいっぱい居ましたけど。 9割方いなくなって、1割は残っているんですけれども。でもやっぱり目立たないというか。

メディアとかにパッと出る人が、何でパッとなるかっていったら、やっぱりリスクを取った取引をしているですね。 本人は気づいていないですけれども。 だから、爆発的に短期間で資産が増えていってる。

やっぱりメディアの人が拾うのって、そういう爆発的に資産が増えた人をピックアップするじゃないですか。 でもそれって実は中でリスクを取っていて、それが流行った相場やったから良かったんですけれども。

オオウチ
オオウチ
まぁ、たまたまってところですよね。
テスタ
テスタ
それで本人も勘違いしちゃって、次の年とかその次の年で消えていくんですよ。 本当はここで爆発的にちゃんと増やさんでも、着実に増やしてそこからジーっと行く人っていうのが本物なんです。 そういう人が、この時点でメディアに出ないから。でもこっから流行りが終わっているから、だから目立たないんです。
オオウチ
オオウチ
目立つ人はもうホントたまたまポンと跳ねて、下手すれば逆に死んでたっていう張り方をする人が…。
テスタ
テスタ
僕がやりだした2005年6年もライブドアショックのちょっと前で、新興市場が盛り上がってて、有名なトレーダーが出て、僕も当然それを見て、初めてこの人は一生勝ち続けるんやろうな…っとか。その数か月見ただけで、爆発的に100万が1億円になるから、一生ずーっとこう右肩上がりなんやろうなって思って見てても、やっぱりこう下がりますから。 僕は反面教師としてやってきたつもりですけど、結局僕も下がったりして。
オオウチ
オオウチ
はははは。
テスタ
テスタ
ここに行くまでに、ここでやめとこみたいな(笑)
オオウチ
オオウチ
でも、それは全体の資産の20%とかって、全然まだ冷静に止められた方だと思います。 大抵の人は、半分以下になってやっと止まりますから。

私も一般の人に教えるときに20%が限界だってよく言ってるんです。 何だかんだ言って、資産の20%が減る位だったら行けそうな気がしちゃうんです。 でも実際その時になってみると、資産の20%を失った挙句、まだトレードし続けろっていうのは酷っていうか。 人間技じゃないというか。

テスタ
テスタ
そこを20%減るってことは、当然30%とか40%の可能性も見えちゃってるし、そこにいったからってプラスになる保証はどこにもないんで、怖さがだんだん出て来るし。かといってそこで熱くなって、倍とか張ったりすると破滅しちゃうんで…その辺の知識というか。

でも去年みたいな相場やったら、多少でもリスクとって行かないとダメなんで。 その辺の攻めと守りのバランスっていうのは、裁量の人は特に気を付けなアカンかな。 まぁ僕が言っても説得力無いですけど(笑)

オオウチ
オオウチ
でも去年とかここは行くべきって思った瞬間があると思うんですけれども、それはどういうところで思ったんですか?
テスタ
テスタ
前に小泉政権になった時に、そっからいざなみ相場でしたっけ?
オオウチ
オオウチ
そうです、いざなみ相場(景気)ですね。
テスタ
テスタ
去年ほどではないんですけれども、一回それを見ていたんで、その経験があったんで。 「民主党が終わる」じゃないですけれども、野田さんが辞めるって決まった瞬間に、株価がピコって跳ねたんで、言うたらあれが初動の初動じゃないですか。
オオウチ
オオウチ
そうですね。 完全に今振り返れば完全な初動ですね。
テスタ
テスタ
あそこの時点で100%来るとかは全然無いですけれども、それが凄い上げ相場になる初動である可能性はあるなーってその時思ったので。 その後ずーっと株価こうなっていましたから。

だからいつか来るってことはその時に初めて思ってもダメで。 その前の段階で前の歴史とか紐解いて、この段階で初動がどこかにあるから、それが来たら最初は半信半疑で20%~30%でいいんですけれど、上がれば上がるほど信頼度は増すわけで。 この時点で心の準備をしていないと、やっぱりいきなりやるのは難しいです。

逆にここで初めていきなり乗った人は次の年に死ますよ。 僕はホントここを耐えて経験したっていうので、あそこが見えて10月は11月12月と上がっていくのが見えて、徐々にそれに合わせて気持ちも段々段々強めにしていってみたいな…。

タクマ
タクマ
相場観あるんですね。 デイトレの人はそんな先見ないのかなと思ってたけど。
テスタ
テスタ
でも、やっぱりデイトレも相場の良し悪しが命というか…。
オオウチ
オオウチ
一般的なイメージでいうと、デイトレはどんな嵐の日でも勝つ。 どんな下げ相場だろうが上がろうが勝つ。 一日でやるから関係ないみたいな。
テスタ
テスタ
やっぱりまず上げ相場って、出来高が全然違いますから。スキャルピングは特にそうなんですけれども、ここに売り板があったとして自分は買いたいと。 で、こうバクっと買うじゃないですか。それで、自分が売ろうと思ったら、自分が買った値段に自分がいっぱい買った分の買い板が積もって初めて売れるわけですから。 それで同値撤退できるわけで、それで利確しようと思ったら、うまくいってさらに次の板が買われて、さらに次の板に積もった時点でやっと売れるわけじゃないですか。

だから、やっぱり上を買うことが多いんですけれども、上を買ってすぐに下に投げたら絶対に損しますから。 まずはそこに積もるというか自分の後に誰かついてきてくれなダメですし。 すぐ売りたいわけですから、すぐ積もってくれたり、すぐ誰かがついてきてくれたり、本当みんなが買いで準備しているような状態の方が全然儲けやすい。

大口来たから付いて行こうっていう小口がいっぱいおればおるほど、それは有利で。 それはもう市場参加者の数やったり、新規参入の人の多さだったり。 上げ相場だったらどんどんメディアとか普段はやらない雑誌とか、僕も実際そうですけれども、普段はどうしても株関連の雑誌とかマネー誌とかからしかやっぱり取材の依頼って来なかったりするんですけれども。

あの年は普通の週刊誌とかテレビとか、普段はやらない媒体でもやってるってなると普段興味ない人も参入してきて、どんどん好循環になってきて。

オオウチ
オオウチ
ああぁ~自らがテレビに出ることで、みんなの出来高を呼び寄せるみたいな(笑)
テスタ
テスタ
そんな大げさなものじゃないですけれども(笑) でもそのサイクルやと思うんです。
オオウチ
オオウチ
そうですね。
タクマ
タクマ
我々はどちらかと言うとブレイクしてから付いて行く。 そっちは率先してブレイクを作っていく。
テスタ
テスタ
そうそう、だからやっぱり大口になればなるほど、そうしないと…。 節目って板厚いじゃないですか? だから節目とかを買わないと、欲しい枚数をその値段で買えなくなってくるんですよ。だから、もう節目をばっくり食うしかなかったり、でもそれを買うっていうことは、絶対についてきてもらわんと余裕で負けますから。

買えば買うほど、いっぱいの人が来てくれないと同値でも降りれないんで。 そういう苦労があるんですけど。

オオウチ
オオウチ
自分は大口だって思った瞬間って、資金がどれくらいになった時ですか?
テスタ
テスタ
いや、それも銘柄によるんで…ソフトバンクとか見ていたら全然小口ですし。 どれだけこの人お金持ってるんやろって…買いバンバン入る…。 トヨタとか見ててもミズホとかなんでもそうなんですけれども。だから、どの銘柄かによりますけれども、新興市場とかやったら、窮屈やから新興市場の中では大口に入るでしょうし。 僕もずーっと大口に付いていくタイプやったんですよ。
オオウチ
オオウチ
もともと大口狙いだったですね。
テスタ
テスタ
大口に付いていくタイプやって、つまり自分の資金が増えたら、自分が今付いて行ってるけど、これで資金が増えたら、自分みたいについて行かす人間が出るポイントで買うんが大事やなって。だから、その経験を生かして、次は僕が僕みたいな人間をいっぱい呼び寄せるような買い方をしようって行って。 資金が増えて、増えたらそういう風に変化していかないと複利で増えていかないんですよ。

ずーっと小口のまんまやったら、資産が増えても使える、使っている資金がこんだけになっちゃったら、増えていかないんで。 どっかで移行していかないとダメで。 そういうのはやりながら、どうやったらいかに資金をフルに使えるか。

常にそれまでは信用って無制限じゃなかったですから、無制限じゃなかったら信用余力一日で尽きたらすぐ分かりますから。 だから信用余力が毎日尽きてたら資金はフルに使えてるわけですから、毎日信用余力をフルに使うためにはどうするのが一番良いのかっていうのをずっと考えながらやっていましたね。

オオウチ
オオウチ
資金効率を優先した?
テスタ
テスタ
でないと、周りのトレーダーもいっぱい居ましたけど、どっちかっていうと僕は小さくコツコツタイプなんですよ。 それでロットをずっと上げれなくて、資金は増えているのに使っている資金はこんなんで。ただ、毎月何十万とか百万とか勝ってるんやけど。 でもそういう人は、すごい大相場が来ても多少は増えるんですよ。 毎月100万とかやったんが150万になったり200万になったり、でもそれが決して1000とか何千万みたいにはならないんです。 それはずーっと小口でしてるから。

その辺は…でも家族がいはったり、絶対に負けられない。 リスクは取れないとかそれぞれの事情があるから。 どれがいいとは一概に言えない。 ホント僕の知り合いでも、未だに、月一日負けるかどうかっていう人もいますから。 年間で、毎日やっても10敗するかせいへんかみたな。 それで毎月100万から200万をずーっとやってる人っているんですよ。

タクマ
タクマ
とりあえず、食いぶちを稼いでるっている人もいるんだ。
テスタ
テスタ
そうですね。 それが自分の性に合ってるって。 株の助さんもどっちかっていったらそういうタイプで、ホント自分のテリトリーで、そっちの方がシステムチックというか。
オオウチ
オオウチ
自分の本丸というか、自分の主戦場というやり方が。
テスタ
テスタ
たぶん分かっているんでしょうね。 自分はそういう次々いろいろ考えて相場に合わせて、変えていくタイプではなく、どんな相場にでも対応できる今のやり方を、常に奢らず、決して夢も見ず、これを如実にやっているっていうタイプの人なんでしょうね。 何がいいかは全然…。
オオウチ
オオウチ
それはそうですよね。 世界のルールは変わってしまうと、いきなり本丸だったやり方は通じなくなるってことも。

sugofriend

テスタ
テスタ
僕のチャットメンバーは、去年始めの資金は8000万やったんですけど8000万が16億までいって今は10億以下になっちゃったみたいです。
オオウチ
オオウチ
え…!?だいぶ来ましたね(笑)
テスタ
テスタ
だから、やっぱいろんな人がいはる。
タクマ
タクマ
8000万から比べるとだいぶ増えていますよね。
テスタ
テスタ
そうなんですけど。 でもそういう気分にはなれないでしょ。 もう敗北感しかないでしょ。
オオウチ
オオウチ
失ったものが多いですからね。
タクマ
タクマ
それが心理的にきちゃう…。
テスタ
テスタ
決して、そこが8000万が数億になったとは思えない。やっぱり16億が10億以下になってしまったという意識しか。
オオウチ
オオウチ
何機か戦闘機を失っているような…(笑)
テスタ
テスタ
僕らもチャット毎日やっているから、麻痺してきてて。 僕が5月に1億何千万か勝ったんですよ。 でも、今考えたらありえない数字で、1か月で1億円なんてどう勝ったかも覚えてないですし、なんでそん時に僕は自分でビビったり、スゲーとかって思わんかったんだ?って思い返してみたら、彼がその月に6億ぐらい勝ったんですよ。
オオウチ
オオウチ
はははは。
テスタ
テスタ
そっかそっか、そやそや。 彼の収支毎日みせられてたから…彼は毎日やから。一日平均3000万とか。 今日プラス3500万とか言って。僕は、それの1/7やからプラス500万とか。 毎日3000万プラスとか見てたら、俺500万やけど全然何とも思わへん。だから、すげーなっていうのがなかった。 あとから振り返って、そっかそっかって。彼のおかげやなって。ビビらんかったのは。そんなん見せられたら…。

だからチャットのメンバーはいろいろ居るんですけれども、やっぱり100万勝ったり200万勝ったり、僕みたいに500万勝ったり…。 一人だけ何千万。今日は5000万とか、今日はマイナス2000万とか一人でやってるから。 後は、その他大勢みたいにたいになっちゃって。だからみんな麻痺しちゃって。

オオウチ
オオウチ
完全に桁が違いますよね。 テスタさんのブログを見て、自分たちは毎日4万だ、5万だって言っていて、テスタさんがなんかはマイナス50万とかだって見てるのとたぶん同じような感覚なんでしょうね…。
テスタ
テスタ
ホント、そうです。 僕の収支なんて誰も興味示さなかったですし。
オオウチ
オオウチ
チャットメンバーの中では!?
テスタ
テスタ
そうですね。 僕、チャットメンバーの中ではたぶんそん時2位やったんですけど。 差がありすぎて誰も僕のことすごいって思わないわけじゃないですか。 だから僕は平常心でずっと出来た。
オオウチ
オオウチ
平常心でいられたんですね。 仲間ですね! 私も思うんですけれども、トレードって結構仲間が必要じゃないかなって。
テスタ
テスタ
それはね…めっちゃ大きいですよ!
オオウチ
オオウチ
一人でコツコツやっている方が多くて、一人でこっそり負けて、一人でこっそり撤退する人が結構多いと思うんですけど。 この世界、自分の手を出してワーイって喜ぶ人が少ない閉じた世界なんだけど、仲間が必要だって。
テスタ
テスタ
そう、やっぱり圧倒的有利っていうか、切磋琢磨できるし、一人じゃ気付かないこともみんながいたら気付けますし、銘柄一つにしても一人で見れる量って限界があります。みんなで見てたら、例えば一人はCNBC見てるとか、一人はラジオNIKKEI聞いてるとか、一人は新興銘柄ばっかり見ているとか。 やっぱりそういうのを監視して、なんか起きたときチャットに書き込んだり、なんかニュース起きたら書き込んだり。 やっぱり絶対一人より有利になりますから。 だから、僕の知ってる有名なブロガーの人は誰かとやっぱりチャットしてますよね。 言わないとしても。
オオウチ
オオウチ
タクマ先生は誰かとチャットしていますか?
タクマ
タクマ
いや~僕は閉じた世界ですから。
オオウチ
オオウチ
閉じた世界…。
テスタ
テスタ
それがすごいですよね。
オオウチ
オオウチ
私は会社の中で、社員達とヤイのヤイの。 なんかすさまじく上がってるよって。 チャットというかそこでしゃべりながらやってるので。
タクマ
タクマ
株やっている人としゃべるっている機会が無いので、編集者とか全然やっていなかったり、やっていてもめっちゃ負けていたりするんで(笑)
テスタ
テスタ
そうですよね。 だから…そういう人も多いと思うんですよね。僕らはブログ書いているから交流しやすいっていうのがすごいあって。 こっちが会ったことなくても、やっぱりオフ会とか行ったら、みんな勝手に知ってくれたりするから、仲良くなるのもすごく早かったりできるんで。 だいぶそういう点では有利やったり、情報交換すごいしあったり、やっぱり初対面って相手のこと全然分からんかったら、初対面の時に今お金なんぼ持ってるんですか?って聞きにくい(笑)
オオウチ
オオウチ
はははは。
テスタ
テスタ
だから、その人がどれくらいのトレーダーかって分かりにくいんですよ。
オオウチ
オオウチ
分かんないですよね。 お金持っている人も持っていない人も同じような恰好をしているんで。
テスタ
テスタ
そうそう、見た目は一緒なんで。 だから、探り探りしか初対面の人ってしゃべれないっていうでも僕とかだったら、向こうがしゃべりかけてくれて、僕は今こんな状態なんですよって。 やっぱり僕の事を知っているから、自己紹介がてら言ってくれる人が多くて、だから分かりやすいんですけれども。 たぶん初対面同士にとって、もしかしたら1億の人とすごい負けている人が分からず会話をずっとやっていると思うんで、まぁ難しいですね。

でもやっぱり、それこそむらやんとか定期的にオフ会に来てくれたり、タクマさんがそうやって漫画書いてくれたりして、そういうので交流がどっかでいっぱい起きてると思う。 そういう方達には感謝ですね。

オオウチ
オオウチ
仲間とかは、やっぱりこういうオフ会とかチャットとかで仲間を探してるんですか?
テスタ
テスタ
僕は全部ブログからですね。 やっぱりリアル友達は一人もやっていなかったし、コツコツ独学でやったんですけれども。ただ単に自分の日記でブログ書いてて、他の人のブログも読んでて、たまたま家が近い有名なブロガーの人がいて。僕半年ぐらいその人のやつを見てたんですけれども、おこがましくてコメントできなくて。

半年とか1年とか経ったときに僕もある程度勝てるようになったから、「いつも見てます、家近くなんですよ。」みたいな。 そしたら、すごく良い人で一回会いましょうかって言ってくれて。 それで2人で会わせてもらって。

で、その時にブロガーだけで花見するみたいな企画があって。 その人が僕を誘ってくれて、そこでむらやんとか、今のチャットメンバーはほとんどその時にいて。なんか知らんけど、むらやんと仲良くさせてもらって、チャット入れてもらってそっからすごい広がった感じですよね。

オオウチ
オオウチ
チャット仲間に入れてもらったら、すごい執筆が進むんじゃないですか?
タクマ
タクマ
どうすかね~(笑)
テスタ
テスタ
むらやんが何でもやってくれた感じはしますね。
オオウチ
オオウチ
人を集める力が凄いですよね。
テスタ
テスタ
僕が株を始めた頃から今までずっと、個人投資家のブログランキングは彼がずーっとトップで。 彼より有名なブログはできてないですね。 ずーっと10年間ずーっとトップ。特に収支がトップってわけではないんですけど(笑)
オオウチ
オオウチ
はははは。
テスタ
テスタ
不思議な人ですよね(笑)普通この世界でトップになるとしたら、一番勝ってる人じゃないと理屈的におかしんです。特に収支がトップじゃなくても常にトップでおるっていうのはむらやんのすごさ。エンターティナー。
オオウチ
オオウチ
いつもどれだけ負けたのかなって、見に行ったりしますよね。
テスタ
テスタ
彼はメンタルは強いですから。 大負けしてもそれを笑いにできるっていう。 彼は吉本養成所に行っていて、でもその道はダメやって辞めて株の世界に入ったんですけれど、この世界で頑張って吉本の舞台に立つっていう…。
オオウチ
オオウチ
不思議な流れですよね。
テスタ
テスタ
すごいですよね! ホントは吉本から、こう行きたかったんでしょうけど。 諦めたのにこっち頑張ったら巡り巡って吉本の舞台に今日立つとか、やっぱりめっちゃ面白いですよね。

こんな感じで勝手にしゃべってていいんですかね?

オオウチ
オオウチ
ああぁ~もう、聞きたいことは聞いてくださいって思って。

boys

 <タクマさんトイレへ>
テスタ
テスタ
僕らがしゃべっているだけなんですけど、いいですかね。
オオウチ
オオウチ
たぶんいいと思います。 自然の流れからきっとインスピレーションがくると思います。
テスタ
テスタ
マジすっか?さすが。
オオウチ
オオウチ
信じてるんですけど(笑) でもなんか聞きたいこととか、ちょっと言ってって、どんな子供時代を送ったか聞きたいみたいなことを言ってて。 先ほどは≪ピー≫歳から密かにパチプロになっているって話があったので。
テスタ
テスタ
あぁ~。
オオウチ
オオウチ
まぁちょっとタクマさんが来てから。
テスタ
テスタ
就職もしたことないですし。
オオウチ
オオウチ
就職経験なし?
テスタ
テスタ
だからこんなのが出来上がっちゃたんですよ(笑)
オオウチ
オオウチ
就職したからいいってもんでもないですからね。
テスタ
テスタ
だから、こんなねーアウトローな…。 何で僕だけこんなんになったか分からないです。
オオウチ
オオウチ
でもそれがみんなの憧れなんですよね、密かに。
テスタ
テスタ
まぁ~アウトローな頭が悪い人間には憧れなんです。 ちゃんとまじめに行ってたら、ちゃんといいとこ行って、いい大学に行っていい就職先があるんですよ。 でも出来ない人間にとっては、こっち行くしかないんですよ。 こっちからしたら憧れなんですけれども、こっちからしたら蔑さんだっていう。
オオウチ
オオウチ
蔑さんでいるコメントを打っている人こそ憧れているんですよ。 これは一昨日辺りにコメント60くらいついてたじゃないですか。あれでこう書いてくる人がいるんですけど、絶対にネガティブコメントを言ってる人ほどテスタさんのことを愛しているんです(笑)
テスタ
テスタ
まぁ愛してるんではないんじゃないですか(笑)
オオウチ
オオウチ
愛してます。
テスタ
テスタ
羨ましがっているのは分かるんですけれども。
オオウチ
オオウチ
私も、結構ヤフー投稿の「投資の達人」みたいなところで、自分がトレードする銘柄に対して実際シグナルが出たものを取引してるやつに対して、こんな銘柄やるよーって予想出しているんですけれども。

そうすると、やっぱりシストレで自動的にやるんで、結構銘柄多いんですよ。 他の人たちに比べて。 そうするとしょっちゅう私の顔が…自分の様子を見てる銘柄のところに私の顔がひょこひょこ出てくるんで、気に入らないって人が来るんですけれども。 気に入らないコメントが来るときって、その人が負けているときなんです。

テスタ
テスタ
あ…そういうもんですかね。
オオウチ
オオウチ
相場が良いときって、同じことをやっているのに、ネガティブコメントが来ない。
テスタ
テスタ
だから暴落とかしたら、やっぱりブログが荒れやすい。
オオウチ
オオウチ
荒れますね…。すごい荒れます(笑)
テスタ
テスタ
僕が株を始めた時からずーっと、300個ぐらいブログ毎日読んでいたから、すごい人のブログのコメント欄を見てたから分かってるんですけれども。 絶対荒らされるなって。
 <タクマさん戻ってくる>
オオウチ
オオウチ
 今コメントがなぜ荒れるかって。 はははは。
タクマ
タクマ
あぁ株のトレンドと一緒ですね。 一人がなんか言うとそれを買ったりして、みんな同じような方向になってしまって。
オオウチ
オオウチ
相場が下がると荒れる。
タクマ
タクマ
相場が…何気にブログのアクセス数を下げた時の方が増える。
オオウチ
オオウチ
はははは。 そうですね。あ、タクマ先生、子ども時代とか…。
タクマ
タクマ
そうそう、それそれ! テスタさんは子ども時代何をしていたのか。
テスタ
テスタ
これはね…恥ずかしい話なんですがね。 ろくなやつじゃなかったですよ。今もそうなんですけれども。 びっくりするぐらい頭悪くて、学校の勉強は逆にトップクラスでしたよ。
オオウチ
オオウチ
逆トップ。
テスタ
テスタ
常に一軍ですよ。 で、まぁ~とにかく勉強が嫌いで、とにかくゲームが大好きで。 子どもはみんなゲームが好きですけど、群を抜いてたぶん好きで。 中学校の時、部活はサッカー部だったんですけれども…部活終わったら、ゲームセンター。
オオウチ
オオウチ
へぇ~、ゲーセン。
テスタ
テスタ
部活の日は家でゲームかな?で、休みの日はゲームセンターでずっとストリートファイター…が流行ってきたってこともあって。 でも、やっぱり中学校の学年で、何人おったかな…300人位おったんですけれども、僕ともう一人だけやったんですよ。 そこまでやり込む奴は…っていうくらい、学年1位2位くらい、いつもゲーセンに。

やっぱり地域に1つくらいレベルの高いゲーセンとかがあって、そこにはやり込んでいるやつらが集まるんですけれども。でも、うちの学年は2人位しかいなくて。 だから、それくらいたぶんゲームが好きで、とにかく勉強が嫌いで。

オオウチ
オオウチ
飛び抜けて勉強が嫌いで、飛び抜けてゲームが好きだって。
テスタ
テスタ
飛び抜けて…親から見たらダメな子代表みたいな。 アホやからっていうか、学生時代は世間一般にいうと完全にダメな子代表でしたね。 で、まぁそれである時、悪友にパチンコ屋に連れて行かれたんですよ。 そしたら、やっぱりゲームが好きやから、パチンコなんて、しかもお金もかかってるから、ダブルで面白くて。もうこんなおもろいもんがあるんかって。 今までゲームが最高やったんですけど、それはもぉーこれはおもろいってなって。 でも、ゲームに比べてパチンコって高い。
オオウチ
オオウチ
高過ぎますよね。
テスタ
テスタ
その当時はやっぱり100円とか500円で、おっかなびっくりやってましたけど、それでもやっぱり当然おっつかなくて。8割方負けて、たまに勝ったらすごい一喜一憂してみたいなのを、始めた当時はそんな感じで。

僕はゲームはやり込んでたんでゲームを基本的な戦略とか基本的な動き方を完璧にマスターした同士になると、そっからは心理戦であったり、より細かな情報。

例えば、ここはあえてパンチを弱めに1回入れた方が、実は強めにいれるより…とかゲームのバグじゃないですけど、からくりみたいな。そういう細かいとこになっていくんですね。そういうところになって行くと、本とか。

オオウチ
オオウチ
ゲーメストとか?
テスタ
テスタ
そうです。 そういうのをめっちゃ読み込むようになったし、パチンコも自然と本を読むっていうのは習慣はあって。 そしたらやっぱりそんときに、シノケンさんっているスロットのパチプロの人がいるんですけれど。 そのシノケンさんっていう人は、もうずっと勝ってるんですよ。 それで生活している人がいるっていうことは、パチンコも上手いことをやったら勝てるんじゃないかって思って。それを研究し始めたんですね。
オオウチ
オオウチ
その研究は本を読んだって事ですけど、オリジナルの研究技を開発したりとかってしてなかったんですか?
テスタ
テスタ
当時は全然。 それは後にそういうところまで行きましたけど、当時はド素人なんで、いかにプロの人がやっていることを真似するかっていう模倣するかっていうことに必死で。

そこで期待値理論だったり、パチンコではボーダー理論であったりっていうのを、雑誌から学んでそれを実践して。収支つけていって、独立を計算していったら、そしたら自然と結果は後からついてくるじゃないですか。

だから、もうその頃になるとパチンコってスロットもそうですけれども、勝とうとすればするほど、単純作業というか、どうしても退屈な作業になっていくんですよ。その辺になってくると、はじめのうちは楽しみのために行ってたんですけれども、もうバイトと同じような感覚ですね。

オオウチ
オオウチ
仕事するか…みたいな。
テスタ
テスタ
そーっすね。 だから、みんなは月4~5万といかのバイトをやっているときに、僕はずーっとパチンコを。 10万位ずつ毎月プラスになっていたら、こんなんバイトしている場合じゃない。
タクマ
タクマ
バイトで月に10万って、結構稼いでますよね。
テスタ
テスタ
仕事ですから。
オオウチ
オオウチ
先ほどから聞いていますと、さらりと進んでいますけれども、これを叶えるためにパチンコで暮らしていきたいと思っている人々の中では、そこが知りたいみたいなことを言うんじゃないんですか?
タクマ
タクマ
パチンコが実は一番簡単なんですよね。
テスタ
テスタ
そうなんですよね。
タクマ
タクマ
あとはもう根気だけ…。
テスタ
テスタ
あとは、そこに先に気付くか、と徹底できるかになるんですけれども。 まぁ~当然、良い店探したりとか、いろいろありますけれど。 その時の就職の状況を見たら、初任給が13万とか14万とか書いてるわけですよ。 就職は毎月10万かと。パチンコやったら、半日で10万やから朝から行ったらもっと有利になるし20は堅いなって。 これはもうパチンコの方が良いなって。
オオウチ
オオウチ
はははは。
テスタ
テスタ
さすがに親も言えんし。ただ、毎日毎日10時まで帰ってこうへんと。 当然ご飯もみんなで食べれないですし、おかんむりで。 うちね、かなり堅い家系で両親がどっちも公務員なんです。
オオウチ
オオウチ
え~そうなんですか。
テスタ
テスタ
そこからタチ悪いことに、妹も公務員で。 完全に僕だけ一人はみ出してるんです。 エライとこいってるんですけど。 まぁそんな家系やったんで、とにかく親は真面目というか、堅物やったんです。 だから、言うことをなぜ聞かなかったんだと。 だから、さすがに言えないというか。きっともう面倒見ないと言われると思って。 だから、僕は一人暮らしを始めたんですね。
オオウチ
オオウチ
そこまで怒られちゃったんですね。しかし、強いですよね。
テスタ
テスタ
でも、まぁ男ですし。 尖っているまでは行かなかったですけど、ずっと家を「出たい、出たい」でいましたから。 一人暮らしを始めて、毎日一人でコツコツパチンコ屋に…。
オオウチ
オオウチ
お仕事をしに…。
テスタ
テスタ
そうですね。そういう生活をやってって。 ただ、やっぱり当時はまだまだ下手くそだったんで、月20万か30万ぐらいをやって。 一人暮らしもしてましたら、貯金って言っても月5万とか10万とかを…だから1年で100万とか200万は貯められなかったかな。 でも、だんだん上手くなっていって。で、≪ピー≫歳の時にこれは覚えているんですけれども。 初めて1000万貯まったんですよ。
タクマ
タクマ
≪ピー≫歳で1000万ってすごいですよね。
テスタ
テスタ
パチンコばっかしていたんで。 でも、どうしてもまわりの目は冷たい。 みんな就職していたんで。僕だけ…。
オオウチ
オオウチ
まさか、月収20~30万円で1000万あるとは露知らず。
テスタ
テスタ
なんぼあっても、しょせんパチプロってレッテルはあって。 だから…でもやっぱり、ゲームから来てたでしょ。 僕と唯一学年で1人。 2人だけいたっていうゲーセンの。 やっぱりパチプロになったんですよ。
オオウチ
オオウチ
はははは。 やっぱりパチプロに。
テスタ
テスタ
ずーっと、そいつとは今も仲良いんですよ。 彼は今株をやっているんですよ。 だから、僕は僕らはゲームが好きで。 ゲームが好きやからパチンコに行って。 で、株に行ってっという根本的にそういうのが好きなんですよ。
タクマ
タクマ
自然ですよね、流れが。 そうならざるを得ない。
テスタ
テスタ
そう、そこしか生きる道がなかった。
オオウチ
オオウチ
うちの社長もゲーム好きが嵩じてゲームプログラマーになったんですよ。 ゲームをやるほうじゃなくて作る方に。
テスタ
テスタ
やっぱり好きなことじゃないと続かないし。
オオウチ
オオウチ
ゲームをやってる中で株をやっていこうとかって、株に目覚めて今2人とも株の仕事をしているっていう。
テスタ
テスタ
小っちゃい頃の何か…。 たまたま僕はそこにあった仕事があっただけなんで。 ≪ピー≫歳になって1000万貯まったんですけれども。 1000万貯まったらやりたいことがあって、車買うとか。家を引っ越すとか。 瞬く間に半分になったんですよ。 んで、また1000万貯めて。 で、2~3年ぐらいで2000万円貯まって。 で、5号機になるって時に株に移行したんです。 だから、株始める前に2000万あったんです。
オオウチ
オオウチ
資金は…そこからスタート。
テスタ
テスタ
そうなんですよ。
タクマ
タクマ
資金力はなかなかですよね。
テスタ
テスタ
でも、株は…僕はたまたま運よく資金があって、生き残りましたけど、やっぱり資金は少ないほうがいいと思います。
オオウチ
オオウチ
最初は少ない方がいい?
テスタ
テスタ
最初は負ける可能性の方が絶対高いんですよ。 で、熱くなって、ナンピンしてナンピンしてボロ負けっていうパターンが多いですよね。 でも100万円やったら、無くなってもまた頑張って貯めて、再起できるじゃないですか。 そう何年もかけて、長年かけて貯めた2000万が壊滅したら、たぶんまた2000万貯めるのは無理ですし。 もう一回株をやろうってメンタルにたぶんなりにくいと思うんですよ。 だから、逆に最初は100万円が無くなって、また100万貯めてやって行けば…。言うたら2000万あったら20回出来るじゃないですか。
オオウチ
オオウチ
出来ます。
テスタ
テスタ
そっちの方が絶対に良い。 可能性があると思うんです。 いきなり2000万やるより…。
オオウチ
オオウチ
そうですね。 2000万でいきなりやって。 ナンピンせなーって2000万あるからいくらでもナンピン出来ちゃいますもんね。
テスタ
テスタ
僕の場合は、たまたまその2000万をパチンコっていう期待値でコツコツ貯めてきたお金やから、失いたくないっていうのがあって。 2000万はあるけど、証券口座にそんな入れずにデイトレードで小っちゃくコツコツ何万円っていうトレードばっかりしていたから、たまたま残っただけ。 それはもういきなりやっちゃうと、逆に危険。
オオウチ
オオウチ
危険ですよね。
テスタ
テスタ
まぁ~そんな感じで。 就職もせずに。
オオウチ
オオウチ
はははは。
タクマ
タクマ
ゲームが大きいんじゃないんですかね。 対人ゲーム、それが活きている。
テスタ
テスタ
そうなんです。 だから、パチンコの期待値、ボーダー論とゲームの対人心理戦、それが合わさってどっちも株には活きてると思うんです。
タクマ
タクマ
それも子供の頃の体験なんですね。
テスタ
テスタ
そうですね。 ただ好きやったっていう、あとは研究するのも苦じゃなかったから。 だからパチンコもパチプロの間は出てる雑誌、漫画も含めて絶対全部買って全部読んでました。 雑誌なんて一冊当時400か500円でしたから。 それを1年買っても何千円じゃないですか。 でも、雑誌って6誌くらい出てたとして、たまたまその欲しいのが1誌の1個に小っちゃい情報、ちょっとお得みたいなのが載ることはあるんですよ。 それって一日で千円とかしか得しないんですけれども、それでも1か月とかでそれだけで3万円とか変わってくる。
オオウチ
オオウチ
素晴らしい。
テスタ
テスタ
そしたら、6誌分の雑誌の金額全部ペイできちゃう。 そういうのが1年に何個かあったら、全然ペイ出来ちゃう。 だから、そういう点でも、本ってどんなマイナー誌でも買うようにしてた。
オオウチ
オオウチ
情報を拾うためにはもう、そこで選別はせずにガチっと集めて…。
テスタ
テスタ
マイナー誌の方が逆に目立たないから、そういうのをしたときに、あっ、これはもう…って。そっからですね。 雑誌に載る前から台のことを研究したらだとか、あとは雑誌に載るまでタイムラグありますから、新台が出ても。 その間はライバルはいないですから。 後はもう雑誌が出たらその通りにするんですよ。

例えば、スロットでいったら、ゾーンがあって128で止めろって書いてあると、みんな128で止めていくんですよ。 でも、実はそこにも穴があったりして、こういう状態の128は逆にすべきときとか…。 そういうのを自分で発見していったら、逆に宝の宝庫だったりするんですよね。 だからそういうのを見つけていった方が得するとか。

株の世界もそう通じるものがあるんですけど。 やっぱりみんなが正しいと思っていることの裏?逆を常に考えることですよね。 で、実はすごいプラスになること。 みんな気付いていなければないほど、継続的に使えたりすることって、たぶんあるんで。 そういう観点では、見るようにしてきましたね。

タクマ
タクマ
一般とは違うというか、考え方が表の世界じゃなかったのが良かったんですね。
テスタ
テスタ
たまたま…。
オオウチ
オオウチ
みんなの正しいっていうものの隙間とか裏を探して、そこに期待値を見つけた。
テスタ
テスタ
結局、株もパチンコをそうですけれども、9割負けて1割勝つって言われてるわけですから。 だから大衆心理やったり、みんなが正しいって思うことをやったら絶対に9割に入っちゃうんで。 いかに疑うか、それが大事な気がします。 まぁ~なんせろくな人間じゃないですよ(笑)
タクマ
タクマ
いやいや、例えば「野球をずっとやっていました」って言うとみんなから褒められるのに、何でゲームやパチンコだと褒められないの!?
オオウチ
オオウチ
はははは。
テスタ
テスタ
パチンコはまだ税金とか払っていないから分かるんですよ。 まぁ娯楽ですから、やっぱりギャンブルですから。 それをいくら極めてもダメっていうのがあって。 でも実際やっていることって言ったら、パチンコも株もあまり変わらないんですよね。 毎日毎日淡々とそのことを研究して、頑張るって行為は一緒なんですけど、やっぱ株の方が言いやすいですし。
オオウチ
オオウチ
まぁ、そうですね。
テスタ
テスタ
やっぱりまだまだ世間的にはアウトローやし、まだパチンコよりはだいぶ言いやすい。
オオウチ
オオウチ
パチプロで雑誌に載って、テレビに出たりはないですよね。
テスタ
テスタ
コンパとか行っても「パチプロです!」とか言えないです。
オオウチ
オオウチ
はははは。
テスタ
テスタ
でも、なんか例えば投資家ですとか、証券家だったら言いやすい。 表現は嘘じゃないですから。
オオウチ
オオウチ
嘘じゃない、嘘じゃない(笑)
テスタ
テスタ
証券関係の関係のど真ん中ですから。
オオウチ
オオウチ
はははは。 ど真ん中です。
テスタ
テスタ
それは、まぁ~よかったなと。
オオウチ
オオウチ
どうですか、今の話。 結構キャラクターいろんなネタが出てきたんじゃないですか。
テスタ
テスタ
全然悪く書いてもらって…面白く書いてもらっていいですよ。 まぁカスの中では、せめてお金とかでは良くなった方やと思います。 逆に王道の方で勝負してたら、貧乏確実。 昇進も出来ないし。 さすがに親も何も言わなくなって。
オオウチ
オオウチ
はははは。
テスタ
テスタ
今となっては。 やっぱり3年前までぐらいまでは、ヤバいぞって。 「今就職せんと出来ひんぞ!」みたいなことをずっと言われてて。
タクマ
タクマ
物凄く勉強していい大学に入っても、なかなか就職決まらない人も多いし。 200社落ちるのもザラだとか。
テスタ
テスタ
そう、凄いですよね。 200社受けるっていう。
オオウチ
オオウチ
受けるその根性が凄いなぁって。
タクマ
タクマ
そういう話を聞くと、だいぶかわいそうだなって。
テスタ
テスタ
すごいですよね。 そんな落ちるんやって。
オオウチ
オオウチ
どうせまた大げさなのかなって思っていたんですけどね。 どうも本当に居るらしい。
テスタ
テスタ
ホント就職難ですよね。 何年も何十年も。
オオウチ
オオウチ
私の時代からずっと氷河期って言われてるから。 氷河期が超氷河期、超超氷河期から氷河期に戻ったって。 どっちにしろ氷河期なんですよね。
タクマ
タクマ
僕ら一番バブルのピークに就職だったんですよ。 なんか一部上場企業から電話かかってきて、ウチ入りませんかって。
テスタ
テスタ
えええええっ!
オオウチ
オオウチ
えええええっ!
タクマ
タクマ
どんどん資料が送られてきて、何にも頼んでないのに。 段ボールいっぱい資料ですよ。 全部蹴って。
オオウチ
オオウチ
蹴って(笑)
テスタ
テスタ
じゃ最初っからずっと漫画ですか?
タクマ
タクマ
そうそう。
オオウチ
オオウチ
明日、画業25周年でしたっけ?
タクマ
タクマ
あ…そう明日。 明日25年前の4/13に麻雀雑誌でね。
テスタ
テスタ
えええええっ! 麻雀放浪記ですか。
オオウチ
オオウチ
デビュー25周年が明日で。
タクマ
タクマ
25年じゃなかった気がするな。
オオウチ
オオウチ
25年じゃない(笑)
タクマ
タクマ
んなことはなかった気が…。
テスタ
テスタ
いやぁ~すごいなぁ…漫画。
オオウチ
オオウチ
何を続けるでも25年はすごいっすよ。
テスタ
テスタ
すごいっすよ。 漫画の世界も特殊ですもんね。
タクマ
タクマ
まぁね。 そこそこやっていけるっていうか。 10年で努力が実る世界だよね。
テスタ
テスタ
あれって、年功序列みたいなので上がって行くもんなんですか?
タクマ
タクマ
いやぁ~全然そんなことないですよ。 売れた人が上がるっている。 しかも原稿自体はそんなに上がんなくて、単行本刷ってナンボなんで。
テスタ
テスタ
単行本で、単行本がいかに売れるか。
タクマ
タクマ
新人が1枚1万位だとして、一番トップだとしても10万位の仕事、原稿自体。 だけどまぁ~単行本がはけるので、それで儲かる。
テスタ
テスタ
いやでも、すごい世界ですよね。 プロ野球みたいない世界ですよね。 人気が無くなったらダメになるし。人気があったら収入は青天井ですよね。
タクマ
タクマ
俺はそういう路線は全くなかったですけれども、とにかく誰もやっていない隙間を。
テスタ
テスタ
そうですよね。
タクマ
タクマ
隙間を…。
テスタ
テスタ
ホント居ないですもんね。
タクマ
タクマ
増えるかなぁ~って思ったんですけれども。 あんまり増えないし。
テスタ
テスタ
いや、その隙間を狙うのもプロの技ですからね。
オオウチ
オオウチ
なんか漫画書いて欲しいなって思ったらタクマ先生しかいないです。 株漫画って株をやっていない人しか描いていないから変なことしか…本の上っ面しかやってこないんで。
タクマ
タクマ
巨人の川合みたいな…。 ずっと職人でホームランは狙わない。 職人技で、誰よりも長く一線に居ましたからね。
オオウチ
オオウチ
でも読んだら面白いんですよね。 面白いんだけど、株の世界を分かる人にしか伝わらないのが勿体ないなぁって。
タクマ
タクマ
しかもそのニーズがね…。 どうしてもパチンコ雑誌の中の株ですからね。 株雑誌じゃないですから。
オオウチ
オオウチ
なので、我が社が(笑)
テスタ
テスタ
来ないんですか? 例えば≪ピー≫とか…。
タクマ
タクマ
来てないですね。 なんか編集部が単行本を送ったらしいんですけれども、無視されました。
オオウチ
オオウチ
はははは。 そっか~分かってないなぁ。 やっぱりパチンコ雑誌に掲載されているんで、私はパチンコ雑誌を読まないから、結局タクマ先生の漫画をあまり読めなかったんですよ。 読みたいんだけど、読めない。 買えばいいんですけれども、その度にパチンコ雑誌を買うのもなんだしなぁって。 じゃ書いてもらおうぜって(笑) そんな話になって「全シ連」書いてもらって。
テスタ
テスタ
最後のパチンコ雑誌ですよ。 あんだけ全部買ってましたけど、当然やっぱり、株初めて何年間は買ってたんですよ。 株アカンかったらパチンコにいつでも戻れるように。でも、さすがにもういいんじゃないって5年ぐらい経って。 それで、少しずつ削っていって。 でも唯一パニックゴールドだけは買ってます。 でも、もうパチンコの漫画読んでも機種分かんないから難しいです。
タクマ
タクマ
なんか去年か一昨年に罰ゲームで一回打ちに行ったんですけど、全然…。
テスタ
テスタ
AKBですか?
タクマ
タクマ
はははは。 知ってらっしゃる。 誰も写真も撮ってくれないし、ただただ打っただけ。ほっとかれて。 Tシャツだけもらって。
オオウチ
オオウチ
本当の罰ゲームだった(笑)
テスタ
テスタ
まぁ~でも、それでもパチンコはボーダー理論がずっと使えるわけですから。 そこの根本の根本は変わってないから。 それはいいことなんですけれども、あんなもの本当に店でコンピュータ制御されたら終わりですよ。
タクマ
タクマ
玉が無くなったら終わり。 まだ玉を打っている間は大丈夫。
テスタ
テスタ
後は低換金のやつが流行ったじゃないですか。 5円スロットとか1円パチンコとか。 あれはパチプロはきついんじゃないですかね…。 結局電気代とか人件費とか一緒じゃないですか。 でも抜ける金額が減っちゃうと、やっぱり釘に転嫁されていっちゃうんじゃないかなって。
タクマ
タクマ
1円パチンコとかで、多少少ない資金で稼いで、いろいろ複利的な運用は全然ないっていうか。 1円でも勝てないらしいです。
テスタ
テスタ
そうそう絶対。 理屈的にもコストは、台の値段も絶対一緒ですし、コストは同じ金額かかってるのに、客から頂く金は減っている訳ですから。 逆にしんどいですよね。 でもそれが流行っちゃてたら、デフレみたいなもんですよね。 他店は低換金のが、流行っちゃったらもう自分もやるしかなくて。 お客さんがいなかったら、ゼロですからね。 薄利でも呼ばなしゃーないから。 たぶんデフレ状態が続いている気がします。
オオウチ
オオウチ
楽な商売はないですよね。
テスタ
テスタ
パチンコ…プロの当時からパチプロでやっている知り合いいっぱいいますけど、やっぱりみんなメチャきつそうですね。
オオウチ
オオウチ
まだ現役のパチプロさんいらっしゃるんですね。
テスタ
テスタ
結局はその道でしか生きれないっていうか。 30とか超えちゃうと就職もできないし、もう行くしかない。 だから、僕がはじめずっと雑誌を読んでいた主力の人達ってまだ主力やし。 しのけんさん、安田さんもずっとやってますから。 どんな状況でも、逆に言ったらあれしかできないから。 本当に株ノ助さん状態です。
タクマ
タクマ
凄い根気だなと。 何十年もパチンコを打ち続けている人って。
テスタ
テスタ
逆に、他もできないし、生活もしなあかんから。 そこを極めているし、根本は好きっていうのはあるんでしょうね。 でもしゃーないというか。
タクマ
タクマ
いきなり1億儲かるって…。 だからやり続けるしかない。

mochi

オオウチ
オオウチ
株も一旦ここまで来ちゃうと次の続けるっていうモチベーションは難しいですね。
テスタ
テスタ
それ、どうしたらいいか。 友達が3億円の時に言ってた…書いてた言葉があるんですけど。 3億の時にこっから2億お金増えたらあんまり生活変わらへんのに。2億減ったら、劇的にいろいろ考えなあかんくなる。 人生変わるって言うのをなるほどなって思って。確かにそうやなって。 僕今5億じゃないですが、それが5億多くなって、10億になってもあんまり変わらないと思うんですよ。 でも5億減ったら、破綻じゃないですか。
オオウチ
オオウチ
そうですね。 プラスとマイナスじゃ全然何かが違いますよね。
テスタ
テスタ
そう考えたら、もう、こっからリスクをとる必要性みないなのが無くなってきている…ホントに、何もないですよ。 周りの友達が10億15億って言うから、10億目指さなあかんのか~くらいのあれしかないから。 でも、そんなんでお金いっぱい負けたらアホじゃないですか。
オオウチ
オオウチ
10億目指してゼロになっちゃったらね(笑)
テスタ
テスタ
cisさんっていう凄く有名な…BNFとかcisさんっていう人がおるんですけれども。
オオウチ
オオウチ
「笑っていいとも」に出た。
テスタ
テスタ
これは聞いた話なんですけれども。cisさんはどんなモチベーションで何を目指して株をやってるんですかって質問した人がいて。 そしたら、cisさんはさらっと即答で、とりあえず1000億をめざしますっていったらしくて。
オオウチ
オオウチ
はははは。
テスタ
テスタ
その時点で、この人は生きている世界が違うなと思って。 しかも「とりあえず」って(笑)
オオウチ
オオウチ
まだ1合目みたいな感じですよね。
テスタ
テスタ
だからね、たぶんそうなってくると、お金じゃないんじゃないですか。 ホント数字を追っているというか、ゲームのハイスコアというかお金と思ってない。 1000億目指しているから100億行くんですよ。 僕みたいに、10億目指していない人間は、現実的なお金で5億とから6億でもういいかなって。
オオウチ
オオウチ
もうお腹いっぱいって思っちゃうんですよ。
テスタ
テスタ
でも1000億目指している人間は、5億なんかでもういっかなんて思っている場合じゃないんですよ。 そんな暇ないじゃないんですよ。
オオウチ
オオウチ
全然足りないよって。
テスタ
テスタ
全然真剣にやらんと、時間が足りひん。 1000億行くためには。
オオウチ
オオウチ
人生の時間っていうところまでカウントに入れないと。
テスタ
テスタ
だから100億行くんやなってそん時すごい分かった。 どんだけ実力があっても根本がぶっ飛んでないとそこには行かへんわけですよ。
オオウチ
オオウチ
そういうぶっ飛び方が。
テスタ
テスタ
そうなんですよ。 だからバフェットとかめっちゃケチで全然お金使わないんですよね。 でも何千億とかなってるんですね。 だから、もうお金じゃないんですよね。 そこに情熱というか1円でも点数を増やすことが楽しいっていう、そこを極めたいっという人なんでしょうね。
タクマ
タクマ
スポーツ選手とかみたいな人だね。 だって、メジャーとかで年俸100億とかで契約する人がいて、後はもうプレーしなくても良いじゃないのと思いますよね…
テスタ
テスタ
思っちゃいますよね。 僕らからしたら、怪我でもしたらいいんちゃうみたいな(笑)
タクマ
タクマ
でも、やっぱりすごい全力プレーですよね。
テスタ
テスタ
そうなんですよね。
タクマ
タクマ
それですよね。
テスタ
テスタ
たぶんあの人たちにとっては、もうお金は後からついてくる。 そんなん関係ない。 だからついてくるんでしょうね、いっぱい。
タクマ
タクマ
ヒットを何本打つというのと同じ感覚でお金を。
テスタ
テスタ
お金のことばかりを考えて練習とか試合をしている人はたぶん伸びなくて。 どうやったらそのスポーツを極められるかっていうことに邁進しているから、勝手に後でお金がついてきてるんですよね。
オオウチ
オオウチ
なるほど。
テスタ
テスタ
できない(笑) だから、そういう点では、一人とその他大勢って。 しゃーないっす。
オオウチ
オオウチ
完全に全シ連の枠と違う世界の話。 テスタさんの属している組織のグレードがデカ過ぎる。
テスタ
テスタ
そういうのを聞いたら面白いなって思って。 同じ株の世界でもいろんな人がいるなって
タクマ
タクマ
いろんな人がいるからやってられるっていうのもある。 みんな似たような人ばかりじゃあんまり仲良くならないって。
オオウチ
オオウチ
いや~ぶっ飛んでる。
テスタ
テスタ
でもなんか聞いて頂ける事ってありますか? どういう感じになるんですかね。
オオウチ
オオウチ
どのようにでもって言われると、タクマ先生が本当にとんでもないことに…(笑) とんでもないキャラクターにされていたりします。 他にもちょっと漫画出たいって方がいらしたら、ぜひご要望頂ければ。
テスタ
テスタ
全然逆にアイツ出したいっていのがいたら、大体のトレーダーは…。 cisさんは無理ですけど、むらやんとかやったら全然大丈夫。
オオウチ
オオウチ
どんどん実トレーダーを出していくと、かなり話題にはなると思います。 団体名とか。 こちら全国システムトレード連合とか名前が付いているんで、団体名を…。
タクマ
タクマ
単行本もね。 むらやんとかだったら、毎日1万アクセスはありますから。 1万人の購買潜在軍団がいますから。
テスタ
テスタ
株の世界で、僕も毎日ちゃんと毎日書いていた時は1万アクセスありました。 でも株の世界ではたった1万でも結構大きいですよね。 いないですからね。
オオウチ
オオウチ
大きいですよ。 私のヤフーの銘柄からリンクが張られている私のブログでも、今のところいって1000人。 ピークではないですけれども、ユニークユーザーで1000くらいですから。 それと比べてもその10倍分もあるんで。
テスタ
テスタ
だから、何にも考えないで、しょうもないことつぶやいても。 ふとこれ3000とか3500とかの人が見るのかと…そう考えると、下ネタとか言われへんなとか(笑)
オオウチ
オオウチ
はははは。
テスタ
テスタ
絶対読まれちゃうとか、それはね~ブログって僕、やっぱり株のこと当然書くんですけれども、なんか勝手に真面目な人とか。
オオウチ
オオウチ
そうですね。 勝手に受けるイメージがありますよね。
テスタ
テスタ
イメージが真面目とか、勝手に株で勝ってるから頭良さそうって。 真逆のイメージが出来上がっちゃってて。 だから、だんだん書くこととかも自分のキャラクターに縛られていくんですよね。
オオウチ
オオウチ
自分が自分を縛っちゃうんですね。
タクマ
タクマ
漫画で、壊しちゃったりして。
オオウチ
オオウチ
じゃー、もうテスタさんのイメージをクラッシュするようなキャラクターで。
タクマ
タクマ
漫画描いても全然、本人に会うと似てないですねって言われて。 オオウチさんも。
オオウチ
オオウチ
私の漫画も家族に見せたら全員にこんなにデカくないとか(笑) こんなに顔は長くないとか。 なぜこんなにシワ…ほうれい線が濃いんだとか(笑)
テスタ
テスタ
最近は、ツイスト…ちりちりのツイストパーマを当てているんですけれども。 これをよく言われることが多いんで、ホンマサイババみたいにしたら、そのほうがキャラクターつけやすいかもしれません。 あんま他に特徴もないんで。 それが一番分かりやすいかもしれない。
オオウチ
オオウチ
先生にも面白さ優先でいつも書いてもらってるんで。 あとは飲み会でむらやんさんに出しちゃっていいっすか?って聞いてみましょう。
テスタ
テスタ
むらやんは2つ返事で。たぶん被せててくる勢いで言い終わってないのに、いいっすよ~っみたいな感じで(笑)
タクマ
タクマ
その出たいっていうモチベーションは、例えばテレビ出られたりするってのはなんでなんですか。
テスタ
テスタ
あれは、ホント僕はですけど…。 本当は面倒臭かったり、ノウハウのこととか考えたりしたら怖かったり、いろいろあるんですよ。 一つの理由としては、むらやんの存在が大きいですよね。 むらやんが何でも出たがるから。
オオウチ
オオウチ
いろんなところに。 テレビも…。
テスタ
テスタ
そうそう、バンバン出ちゃうから。 むらやんは本名を公開しているんです。
オオウチ
オオウチ
そうですよね、あれ本名ですよね。
テスタ
テスタ
そうなんです。 それで家族もいて。 でも何の危害にもあったことがないんですよ。 あんだけ目立っているのに。
オオウチ
オオウチ
そうですよね。 ちょっと人さらいに持っていかれたりする可能性が。
テスタ
テスタ
まあまあむらやんより目立つことは絶対にないんで。 だから先やられるのはあっちやなぁと(笑)
オオウチ
オオウチ
ああぁ~何かやられるとしたら、先やられるとしたら…(笑)
テスタ
テスタ
だから大丈夫かなっていうのが一つと。 後はやっぱりその多少は義務感というか。 誰かが出なアカンなっていう。
オオウチ
オオウチ
頼まれたら…。
テスタ
テスタ
やっぱり、株全体が盛り上がるためには。
オオウチ
オオウチ
そうですね。
テスタ
テスタ
でもむらやん一人がおるおかげで、いろんな人と出会っているし、いろんな企画が生まれているし。 きっとあると思うんですよ。 むらやんまでは全然いけないですけれども。 やっぱり多少は貢献しないと。 株の世界に。
オオウチ
オオウチ
株の世界にですね。
テスタ
テスタ
それはあります。
オオウチ
オオウチ
あはははは。 ちょっとだけ。
テスタ
テスタ
あと一番大きいのは、僕ホント成績も悪くて、どっちかって言ったら必要とされない人間でしたから。 それを依頼してきて頂いたり、テレビも雑誌もメールしてきて頂いて出てくれませんかって言ってくれる訳ですから。 まぁ断れないですし。人によっては、例えばテレビはダメで雑誌はオッケーとか。 雑誌によっても、ZAIはオッケーでとかいう人もいはるんですけれども、そんな偉い人間ではないんで。 そんな選ぶみたいなことはしたらアカンと思っているから、来たらとりあえず必ず話を聞いて。

ただあまりにもそれが…例えばよく来るんですよね。「何十万円のDVD出しませんか?」とか。 「お金半分渡すので30万円でDVD出しませんか?」みたいな。 「この人は出してて、これくらい儲かってますよ」みたいな人とか。 そういうのは、さすがにちょっと断るんですけれども。 でも、一応絶対話は聞いて、まぁ多少面倒臭いなとか嫌やなとか思っても、とりあえず一回出てみる。

講演とかすごく嫌だったんですよ。 何百人もの前でしゃべるとか、そんなん出来るわけないし、なんか考えていかなアカンし、すごい嫌やったんです。 でも、出てみたら記念になったり、みんなから『ありがとう』って言って頂いたり、いろんな付加価値って後からついて来るもんだと。 講演出たから、こうやってタクマさんとかオオウチさんともお会いできたわけじゃないですか。僕あの場に居たから。 そういうのも含めて、最初は面倒臭いと思っても、そういうのに出たら、後で良かったって思うことばっかりやったから。 だから、そのスタンスでずっとしたら、まずいける形で行きたいな。続けたいなと。

オオウチ
オオウチ
それがあるからこそってわけですね。
テスタ
テスタ
それで、みんな広がって行くんで。 特に東京の人は出たがらない。
オオウチ
オオウチ
そうですね。 やっぱり出たがらない。 特に若い人じゃないと出たがらない。
タクマ
タクマ
関西人は出たがりでしょ!
オオウチ
オオウチ
はははは。
テスタ
テスタ
というか、むらやんが出たがり。
オオウチ
オオウチ
はははは。 というか会社の中だと私が外で代表になっていたりするんですけれども。 やっぱり出たがる人ってそうそういないですね。
テスタ
テスタ
そうなんですよ。 株の世界は特にお金がかかっていますから、それでまた陰な世界で。 引きこもりな人多いですし。 引き込もりたいから株で生活しているって人が多いですから。 バンバン前に出るってタイプは少ないですよね。
オオウチ
オオウチ
実際こんな私もこの仕事する前までは、億持っている人とそうそう出会う機会はないというか。 億の話をしているだけで、なんかゴールした人だなって思っていたんですけれども、今となってはお客様の中でも億とかいますから。 イザナミって10億円が初期資金設定の最高金額なんですけれども、そしたら10億じゃ足りないって(笑)
テスタ
テスタ
おおおおお!
タクマ
タクマ
おおおおお!
オオウチ
オオウチ
もっと増やせっていう要望が来て、やっぱりそんな人いるんだって思って。
テスタ
テスタ
だから、ホント四国だけで100億トレーダーが3人居るって聞きますね。
オオウチ
オオウチ
えっ!?四国で? もう四国で100億?
テスタ
テスタ
BNFさんとかcisさんとかみたいな人は、やっぱり全国に…。 実は1人出る人がおったら、出ない人はその10倍くらい居て。 やっぱり居るんですよね。
オオウチ
オオウチ
四国に3人100億円トレーダー?
テスタ
テスタ
3人か4人って聞きました。 本当か嘘か分からないですけど。 でもたぶん本当なんでしょうね。
オオウチ
オオウチ
噂レベルで…。 あそこにそんなに居るってことは。
タクマ
タクマ
だから関東とかって。
テスタ
テスタ
いっぱいおるってことですよね。
オオウチ
オオウチ
やばいな~。
テスタ
テスタ
さすがに出たがらないですよね。 出るメリットないですよね。 100億あったら。 デメリットの方が多いですから。
オオウチ
オオウチ
弊社にイザナミについて言いたいことがあるって億トレーダーの方が来たことがあるんですけれども。 やっぱり基本的にしゃべらないみたいで。 そういう人達しかいないって。
テスタ
テスタ
cisさんも絶対に顔出しはしていないですし。 BNFさんだけは顔出しやっていたんですけれど、それぐらいですよね。
オオウチ
オオウチ
確かに出るメリット考えれば、引っ込む方が正しい…正しいってわけじゃないですけれども。
テスタ
テスタ
むらやんは特殊なんですかね。 大体株トレーダーって吉本の舞台に立つ奴は今後も現れない。
オオウチ
オオウチ
現れないですね(笑)
テスタ
テスタ
現れない気がするんですよね。 どういうルートなんって話じゃないですか。 だからホント特殊。 大体どの世界でもトップに目立つ人は東京におると思うんですよ。 だけど、株はむらやんが一番メディアに出てるんで、大阪にいるのに。
オオウチ
オオウチ
確かに。
テスタ
テスタ
彼は特殊なんでしょうね。 むらやんが居ないと僕も…今の僕もいないですし、そういう人いっぱいいるから。
オオウチ
オオウチ
確かにむらやんさんのおかげで、そうやって株の世界というかトレードの世界が盛り上がってるところはすごくありますよね。
テスタ
テスタ
僕はBNFさんが居ることによって株始めた人ってむっちゃいると思うんです。
オオウチ
オオウチ
あそこを目標にっていう。
テスタ
テスタ
そんな世界もあるんやって。 家でパソコンいじっているだけで100万円が100億円になるって衝撃を受けて始めた人ってすごい数いると思うし。 やっぱり誰かが出ないと。 100億の人は他にもいっぱいいると思うけど出なくて。 BNFさんが出たから、BNFさんを見て始める人がいて。
オオウチ
オオウチ
弊社にも、高齢のおじいさんがイザナミの質問に来たんですけれども。 「BNFって人がね、これだけやったから私も…みたいな人がいて」(笑) どれだけの影響力があったんだっていう。
テスタ
テスタ
だから儲かったやつが出ないと…。
オオウチ
オオウチ
はい。
テスタ
テスタ
それは、儲かる…儲かる人程、出たら影響があるから。 本当は出なくちゃいけない。 でも自分からはないですから。 やっぱり来たやつは受ける。
オオウチ
オオウチ
そういう社会というか、世界に対してこういう事をやるべきだってものがあって出てくる。 タクマ先生も1億儲かったら、顔出ししなきゃいけない(笑)
タクマ
タクマ
どうしようかな…それ(笑) 儲かってから考えるよ。
テスタ
テスタ
えっ!? 出したことないんですか? 雑誌とかで。
タクマ
タクマ
う~ん昔ね。 麻雀雑誌とかではあったんですけど。 最近はないですね。
オオウチ
オオウチ
あっもう4時半なっちゃうじゃないですか。 そろそろ行かないと…。
タクマ
タクマ
何時からでしたっけ…。
オオウチ
オオウチ
確か45分開場でしたっけ。 じゃ写真だけ…。

パシャリ☆
testa_takuma

この後3人はむらやんさんのステージを見るべく、浅草花月へ向かっていきました。

夢中になってしゃべっていたのであっというまに時間が過ぎてしまいました。テスタさん本当にありがとうございました!

このインタビューを元にした全シ連第5話を特別公開中!